NEWS

民事上の個別労働紛争相談内容、「いじめ・嫌がらせ」が最多/厚労省

厚生労働省は6月30日、2020年度「個別労働紛争解決制度の施行状況」を公表した。
総合労働相談件数は129万782件(前年度比8.6%増)で、13年連続の100万件超。
うち、民事上の個別労働紛争相談件数は27万8,778件(同0.2%減)、相談内容は
「いじめ・嫌がらせ」が7万9,190件(同9.6%減)で相談内容別では最多。
なお、大企業における「いじめ・嫌がらせ」の相談等(1万8,000件超)は、
昨年6月施行の労働施策総合推進法で対応することになったため、
民事上の個別労働相談件数には含まれていません。

https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/newpage_19430.html

(詳細)
https://www.mhlw.go.jp/content/11909000/000797476.pdf

BLOG

最新法令情報


税務・労務カレンダー


各種相談も安心して任せられる
「プライバシーマーク(Pマーク)」取得事業所

ページ上部へ戻る